ジャルパック プレスリリース

2010年4月27日

(株)ジャルパック (株)グローバルユースビューロー共同催行『ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と旅するバルト海クルーズツアー』を追加発売!

(株)グローバルユースビューロー(本社:東京都港区赤坂 代表取締役会長 古木康太郎 URL:http://www.gyb.co.jp)と(株)ジャルパック (本社:東京都港区、代表取締役社長:大西誠 URL:http://www.jalpak.co.jp ) 今年の7月6日出発『ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を全員乗せて旅する北欧バルト海クルーズの旅』の販売が好調。両社とも販売目標を達成し、このほど追加販売することとなりました。
当企画は全世界から音楽ファンを乗せてクルーズをする<世界共同催行>のツアー。日本では(株)ジャルパック、(株)グローバルユースビューローの2社が限定販売しておりました。 このほど2社合計で予定販売数の40キャビンを完売、このほど5キャビン10名の追加販売を開始いたします。世界中から予定の約1,500名を上回る予約状況となっております。

【当ツアーのポイント】

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー全員(約100名)を乗せてのバルト海クルーズという夢の企画。
楽団創設者オットーニコライ氏の生誕の地、ロシア・カリーニングラードで彼の生誕200年を記念してのガラコンサートをメインイベントとして下記3大コンサートと、船内での室内楽コンサートなど毎日生演奏の調べを聴きながらの旅です。

1. クルーズの寄航地では、ウィーン・フィルによる3大コンサートを実施します。
  • 1)ロシア サンクト・ペテルブルグで、著名指揮者ヴァレリー・ゲルギエフ氏の指揮により、「マリインスキー劇場」を貸し切りで行います。
  • 2)ヘルシンキの「フィンランディア・ホール」では、ルドルフ・ブーフビンダー氏によるベートーベンのピアノコンチェルトの演目です。
  • 3)ウィーンフィル創設者オットーニコライ氏の生誕200年を記念し、ロシアのカリニングラードで、クリスティアン・ティールマンの指揮のもと、ガラコンサートを開催します。
2. クルーズ船「マイン・シフ号」での当ツアーは世界5大陸の音楽ファンを対象に全世界で発売され、国内では(株)グローバルユースビューロー、(株)ジャルパックの2社限定販売となります。
3. クルーズ船内ではオーケストラのリハーサルや練習風景を身近に鑑賞することができます。また楽団員と船内で触れ合える機会があるのも魅力です。

【ツアーの概要】 『ウィーン・フィルハーモニー交響楽団と旅する バルト海クルーズ14日間』 2010年 7月6日出発限定

  • ●旅程:成田発、空路、欧州内都市経由ドイツ・ハンブルクへ⇒世界遺産リューベック市内観光⇒2日目キールからクルーズ船「マイン・シフ号」に乗船⇒3日目バルト海クルーズ⇒4日目エストニア・タリン入港メイン広場にてウィーン・フィルコンサート鑑賞⇒5日目ロシア・サンクト・ペテルブルグ入港、マリインスキー劇場でコンサート鑑賞⇒7日目ヘルシンキへ、フィンランディア・ホールにてコンサート鑑賞⇒8日目スウェーデン・ストックホルム入港⇒10日目リトアニア・カニングラードにてウィーン・フィル創設者オットーニコライ氏の生誕200年記念コンサート⇒13日目ハンブルク→欧州内乗継、帰国の途へ

●ジャルパック専用ホームページ:www.jalpak.co.jp/eur/viecrz

以上

ページのトップへ